あなたの大切な「家族」を守ります

。・* ペットフードについて② *・。

前回。。。
だぁーーーーーーいぶ前に書いた
ペットフードについて 今日は少しまた書いていきたいと思います(* ̄Oノ ̄*)



Ⅱ:味覚の違い

※犬、猫は人間以上に塩分の摂りすぎに注意!!

一般的に、犬や猫が一日に摂る食塩の量は 人間の1/3 程度でいいと言われています
このため、人間が普通に食べている惣菜ハムソーセージなどを与えてしまうと、知らない間に、塩分の摂取量が多くなってしまい、心臓や腎臓に負担をかけてしまうことになります(x_x;)

また、は食べ物の甘みを感じることが出来ませんが甘みのある食べ物が大好きなため、与えすぎると肥満の原因になってしまいます


Ⅲ:フードの食べ方の違いと与え方

【 犬の場合 】

一回で一日分の量のフードを食べることが出来るほどの大きい胃を持っていますが、一回であげてしまうやり方はあまり好ましくありません
与える回数が一日一回の場合、慌てて飲み込んで喉に詰まらせたり肥満になりやすいとも言われています。
では、何回であげるのがベストでしょう?

*成犬では一日分を2回に分けて
*子犬では一日分を4回程度に分けて

(子犬の場合、一回に食べられる量が少ないため、複数回に分けてあげるといいでしょう。)

犬は、目の前にある食べ物をお腹いっぱいになるまで食べてしまうため、給与量はパッケージに表示してあるのを参考にして、犬の体重や健康状態(太りすぎや、痩せすぎなど...)にあわせて与える量を調節しましょう。
また、新鮮な水を常にフードのそばに置いてあげるといいと思います。



【 猫の場合 】

猫は、習性で昼夜問わずに頻繁に少量ずつ食べるため

*① 一日分を2~3回に分けて与える
*② いつでも食べれるようにしておく (腐敗の危険性が低いドライフード)

 ※置き餌の場合、常に清潔で新鮮な状態にし、衛星を保つこと!!

水分の多いウェットフードや手作りフードなどは、放置していると腐りやすいため、食べ残しはそのままにしないで、すぐ片付けてあげましょうo(・_・= ・_・)o



次回は、避けたい食材&注意が必要な食材 など説明出来たらしていきたいと思います
それではまた次回(*゚ー゚)ゞw